スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
admin

| スポンサー広告 | |

入学式☆

2009.04.09

今日は小学校の入学式でした。
天候に恵まれ桜舞う中、この上ないくらいのシチュエーションでの初登校。

昨夜は「朝おきれるかな」「歩いて通えるかな」「勉強できるかな」
といろいろ不安を口にしていたユメですが、
お友達を見つけると安心したように「○○ちゃーん!」と名前を呼んで近寄っていきました。

新入生33名。
はい、1クラスです(^^)
なので全校生徒に迎えられての入学式でした。
新2年生が英語でお祝いの歌を歌ってくれたり、終始和やかムード。

明日は3時間ですが月曜日から給食、そして5時間授業が始まります。
厳しい~~。

さて、給食が始まるってことで「小学校との話し合い<その2>」を書かなければ~~と
思いながら他にも書きたいことがあって時間だけが過ぎてゆく・・・
先月半ばに話し合い済みではあります。
担任と4月の献立がわかってから具体的に決めましょう、、
というかんじでまとまっていたのですが、今週頭に学校から連絡があって

“養護の先生と栄養士さんが転任した”って( ̄▽ ̄;)

アイタタタ・・・ですよ。
そんなわけで入学式が終わって16時から改めて顔合わせ兼話し合いがありました。
内容は改めて記事にしたいと思います。
それから7日に卵の負荷試験をしたことも別途記事にしたいと思います。

取り急ぎ入学式レポートでした♪
は~~、わたしも朝起きれるか不安だわーーー。

テーマ : 行事・イベント - ジャンル : 育児

admin

| 小学校のこと | コメント(12) | |

2009.02.08

先週水曜日、1日入学の後に食物アレルギーについての話し合いをしてきました。

出席者は養護の先生と現1年生の担任、我が家と、保護者1名。

6学年で7クラスの小規模小学校で
周りに訊いても給食のアレルギー対応は聞いたことがないと言っていたので
除去が必要なアレッ子はユメが初めてなんだろうと思っていましたが
在学児に食物アレルギー児童はいて給食対応してもらっているそうです(驚)

現行の説明がありました。
月1で栄養士さんが献立表と成分表を見て食べられないものにチェックし、
代替できる場合は代わるものを記載、できない場合は代替品を持参。
献立表と成分表をもらい確認して返却する。
といった流れ。

牛乳を飲んでいない子もいるそうで
ある子は最初は水筒にお茶を持ってきていたけれど「水でいい」と水道水を
コップに入れて飲んでいるそうです。

何をどこまで除去するか、どこまで代替食を作ってもらえるかなど
細かいことは3月に再度話し合いをし、飲み物についてもそのときに。

印象的だったのが
「抜くのは簡単なんです。でも見た目も大事なので、なるべく同じように見えるように
家から持ってきたものでも同じ食器に盛り付けます」
と言われたこと。
また、給食の時間が嫌で学校に行きたくなくなったらかわいそう、楽しく給食を食べてもらいたい、
とも言ってくださって気持ちを大切にしてくれていると感じました。

信頼して預けられる。と思えました(*゚ー゚*)

ほかには、1年生で獣医さんがきてうさぎに触れることがあるので動物の毛は大丈夫か、
プールの塩素はどうかの確認。
犬猫の毛は検査の数値は出ているんですがねぇ、
触っただけでは症状でないと思うのでOK。
プールも幼稚園と短期水泳教室でも大丈夫だったのでこれもOKとお返事。

1時間ほどで話し合いは終わりました。

新たに除去食品の細かい調査票と学校生活管理表(アレルギー疾患用)を渡され
ドクターと相談の上記入し、3月の話し合いのときに提出します。

4月の献立が出て、担任も決まってから栄養士さんと校長先生、
学校教育課食育推進係の担当者も同席して話を詰める予定です。

新入園、新入学を控えているみなさん、準備すすめていますか?
いいスタートがきれるようにがんばりましょうね。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

admin

| 小学校のこと | コメント(2) | |

就学前健診

2008.12.10

前回の記事からだいぶ日が空いてしまいました。

ユメはお腹の風邪はよくなったものの、
その後普通に風邪をひき、ユメがよくなったら入れ違いにフクちゃんにうつってしまいました。
現在鼻水ジュルジュルで息苦しそう。。。
姉弟でうつるって本当だね。実感。

さて、もう先月のことですが小学校の就学前健診に行ってきました。
まずは体育館で身体測定。
家から記入していった問診票の確認をして着席。
校長先生から注意事項などお話がありました。
なんといっても給食のアレルギー対応が気になるところですが
話の中で給食のアレルギー対応について触れ、
対応が必要な場合は後日相談しましょうとのこと。
それをきいて気が楽になりました。

保護者同伴で眼科検査、歯科検査、内科検診と進み、
その後、子は6年生の係りに連れて行かれ聴力、視力、知能、ことばの検査を受け
保護者は体育館で待っていました。
結構待ったなぁ。番号が遅かったので1時間近く待ったでしょうか。
待っている間にフクちゃん寝ちゃったよー。
やっと戻ってきて保護者同伴で健康診断票(今日の検査結果)と問診票の確認(?)
虫歯ゼロ、視力も聴力も異常なしでした。
よかったー。
ことばもね、正しい発音ができるようになったのが今年になってから。(参考
小学校にあがるまでにちゃんと言えるようになるのかな。
と内心心配していたりしたんですが問題なしでした。

赤ちゃんの頃は栄養不足を心配したり、
亜鉛不足だと算数ができなくなるとか言われてちょっとびびったりしましたが
なんだなんだ、健康じゃん!!
食アレがあったって体が小さくたってなんら問題なし!
健やかに育ってくれて、こんなに幸せなことはない。

健診が無事終わり、後日小学校の養護の先生からお電話がありました。
まず、給食の提供を受けるということで話をすすめていいかの確認。
「はい」と答えました。
それからアレルゲンの確認、アレルゲンを摂取したときの症状、ショック症状の有無、
かかっている病院と通院頻度などをきかれました。
「即時反応はないんですね」と言われ、“即時反応”という言葉を知っているとは
全く無知なわけではないんだと少し安心しました。
食アレ児童が増えているので当然?!

ユメのいく小学校では給食を作っておらず、隣接する小学校の給食室で2校分作って運ばれてくるのだそう。
なので隣の小学校の調理師さんも話し合いに同席してもらい、
栄養士さんや担任の先生と(養護の先生や校長先生もか?←あいまい)
来年1月か2月頃に話し合うことになりそうです。

ちなみにユメに「小学校にいったら給食かお母さんのお弁当どっちがいい?」と
一応きいてみると

「お弁当♪」

えぇぇーーー!!?
慌てて、みんなは給食だけどユメひとりで毎日お弁当がいいの?と聞くと
「じゃあ給食~」という答えがかえってきました。
どの程度対応してもらえるかわかりませんがお弁当も視野に入れておいたほうがいいかもな~~。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

admin

| 小学校のこと | コメント(7) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。