スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
admin

| スポンサー広告 | |

2007.08.30

先週土曜日に幼稚園の夕涼み会がありました。

役員の仕事で前日準備のため幼稚園へ。
カキ氷係のわたしは前日は用具の数を確認するくらいしか仕事がなくヨーヨーのお手伝い。
その間ユメはお預かりで教室で遊んでいるはずでしたが、教室の方を見ると入り口にひとり座って寂しそうに遠くを見ていたユメ。
しばらくしてから見てもまだ外をぼーっと見ていました。

お友達と遊べてないの?
もしかしていつもそうなの?
と心配になり近寄り、中に先生がいたので聞いてみると
教室内が蒸してユメの顔が赤く暑そうだったので
入り口で涼んでいたんだそうな。
ほっ。
でもその日に限らず夏は暑いわけで、その都度遊びの輪から離れて冷ましにいっているのだろうか・・・
それはそれで不憫だなぁ・・・

ヨーヨーは大きい注射器みたいなので風船にシュポシュポ水と空気を入れて作ったのですが1000個必要だってことで気の遠くなる作業。。
終わる頃にはマメができていました軽く腱鞘炎チックだし(^^;
水びだしになりながら必要数準備し解散、ユメを回収して帰宅。

当日は15時から準備がありました。
シロップを容器に詰め替えたり、用具を配置したり。
当日準備もあまりすることがなく(^^;
カキ氷は作りながら売るので始まってからが大変なのだとか。
早めに夕飯を食べて、気合を入れて始まりを待ちます。

18時の開始から少ししてユメがダンナと買いにきました。
浴衣を着て嬉しそうなユメ。
イチゴ、メロン、レモン、ブルーハワイの中から
何がいい?」と聞くと

「ぶどう」


ハイ、ぶどうはありませんからー!!
去年まであったみたいなんですがね、人気なかったのかしら?
相変わらずレアなのを選ぶなぁ・・・
迷ってメロンを選んで買っていきました(^^)

“始まってからが大変”
聞いていたとおりお客さんの列はほとんど途絶えることなく、
削り担当のわたしは「おそ松くん音頭」(←渋っ)が流れる中ひたすら氷を削っておりました。
そしてあっという間に2時間が過ぎて無事終了しました。

模擬店の売り物は事前に申し込み、チケットを購入済みです。
事前に食べ物の詳細を教えてもらい食べられそうなカキ氷、焼きとうもろこし、じゃがバター(バターなし)をユメ用に申し込みました。
足りなかったら家に帰ってからカレーでも食べさせればいいかな~と思っていましたが、とうもろこしもじゃがいもも食べ応えがあったようで満足したみたいです
もしくは雰囲気にのまれたか?!


28日からいよいよ2学期が始まりました。
そして早くも昨日から1日保育で給食は流しそうめん
「どういうふうにするか検討します」と言われていて、始業式の前日に連絡をいただき、ユメのほかにも小麦アレルギーの子がいるのでその子といっしょに流して食べることになりました。
始業式の日に流す麺を持っていき双方で原材料確認(うちはきび麺でお友達のアレっ子は米麺)し、昨日茹でて持参。
めんつゆはみんなが使うものと同じものにしてもらいました。
前の日に明日流しそうめんをすること、ほかのお友達はそうめん(小麦)だけどユメは家から持っていったきび麺を流して食べることを説明した際
「うわー、楽しそう~!!」と両手の指を組んで上を見上げて目を輝かせていたユメ。
帰ってきて「流しそうめん、楽しかったー!」と嬉しそうに話していて、先生からの連絡帳にも「とても楽しそうでした」と書いてありました。
麺やレーンの違いはユメにとってさほど問題ではないのかな、
きっと幼稚園でみんなと流しそうめんを食べたということが楽しかったんだね

スポンサーサイト

テーマ : 幼稚園の行事 - ジャンル : 育児

admin

| 幼稚園のこと | コメント(6) | |

この記事へのコメント

子供にとって皆と同じ物を食べるよりも
皆と一緒に参加できたと言う方が
大切な様子です。
親心としてはなるべく見た目も同じで・・・
なんて考えるのですが、子供にとっては
それよりも大事なことがあるんですよね。
ワタシもムスコからそのことを沢山学びました、
ユメちゃんもきっと同じ気持ちだったのかな♪

| ナオ | URL | 2007.08.30 20:44 |

ユメちゃん、みんなと一緒に楽しめてよかったですね!
もちろん、似たものに越したことはないと思うけれど、
イベントの時には心もウキウキだし、少々違っても楽しめますよね…。
長男を見ていると、イベントの時には、少々違っても代替があって、
一緒に楽しめればいいような気がするのですが、
日常では、気持ちの高ぶりもないし、違いが気になることもやっぱりあるようです。
でも、日常の方が、圧倒的に多いのが、難しいですよね…(苦笑)

| たんぽぽ | URL | 2007.09.01 11:51 | 編集 |

よかったね 良かったね うれしかったんだね
オバちゃん いま涙の線がもろいから なんかうれし泣き
そうなんだよ 同じものより 同じ時間の共有なんだよね
毎月来る誕生会 ママのケーキをみんなと一緒に食べる喜び

『お誕生会は行きたい お休みしたくない』

祐たんの負荷入院の日にち決めるときに 祐たんが言った事です
祐たんも みんなと違うけど その場で楽しんでいるし
みんなも 祐たんが 同じじゃないけど それが普通
食べるものは違っても 特別な誕生会の楽しい思い出は一緒なんだよね
いろんな大事なことに気づかされる 夏だったわ

☆ みんなが笑顔で 通えることが今とってもうれしいです

| 祐たんママ | URL | 2007.09.01 17:44 |

>ナオさん
ナオさんのブログで幼稚園行事などの記事で
ムスコくんが皆と同じものを食べるより
一緒に参加できることが嬉しいというのがすごく伝わってきて
ユメも(きっとほかのアレルギーっ子も)同じ気持ちなんだろうな
と胸にじーーんときて共感しながら読んでいました!!
ほかのお友達と同じように楽しめるように、、と配慮してくださる
園の対応もありがたいですね。

>たんぽぽさん
日常の方が圧倒的に多い・・その通りなんですよねぇ(苦笑)
つい先日「レンコンの肉づめフライ」献立の日に
以前レンコンの間にひき肉をはさんで水溶き米粉をつけて焼いて
持たせたら、みんなのは1枚だったと言われたので
今回ははさまず1枚、しかも水溶き小麦粉でそれらしかったのに
みんなはコロッケみたい(パン粉でフライ)だったとご指摘が(^^;
流しそうめんはほかにも小麦アレのお友達がいて一緒にできたのも
嬉しかったみたいです(^^)

>祐たんママさん
同じものが食べたいとはけして言わないのよね、
そうそう!同じことをした、同じ時間の共有なのよね。
そんなささやかなことにも喜んでいる我が子を見ると
愛しくてぎゅっと抱きしめたくなります。
ささやかだけどとても大きなこと、
普通に生活していたら気づかなかったかもしれない。
子どもから気づかされること、学ぶことは多いですね(^^)

負荷入院お疲れ様でした!!
後から改めてお邪魔しますね!

| ゆうあんみぃ | URL | 2007.09.03 01:46 | 編集 |

>両手の指を組んで上を見上げて目を輝かせて
↑ いいな~女の子ですね~。
ウチの2人は絶対こんな風に喜びを表現しませんから!
同じ園に小麦がダメなお子さんがいらっしゃるんですね。
たった1人の存在がユメちゃんにとってはとても大きかったでしょうね。
ママが夢中で氷を削っている間に
ユメちゃんにアクシデントがなくて良かったですね。
何だかそこでほっとしちゃいまいした。

| yoyo | URL | 2007.09.07 07:26 | 編集 |

>yoyoさん
あまりにも乙女チックなポーズに“少女漫画か?!”と
突っ込みを入れたくなりました(笑)
自分だけじゃないというのは大きいと思います、
ちゃんと名前を覚えてきましたから(^^)
夕涼み会中はずっとダンナがついていたので大丈夫だったみたいです、
一緒にいれなかったのは少し寂しいけど、おかげでわたしは
集中して氷削りに没頭していました(´▽`*)

| ゆうあんみぃ | URL | 2007.09.08 00:58 | 編集 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。