スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
admin

| スポンサー広告 | |

2009.04.13

先日病院で負荷試験をしました。
ユメは昨年夏以来の卵(昨年夏の記事はこちら)を、どうせだからフクちゃんもいっしょにって
フクちゃんは小麦をそれぞれ負荷しました。

それまでは負荷する食べ物を持参して外来で行っていたのですが
それじゃ落ち着かないだろうし環境の整ったところでリラックスしてしたほうがいい
という主治医の意向で日帰り入院して負荷してきました。
食物も栄養士さんが計算して作ってくれました。

午前9時に受付、病棟に案内され、体重や血圧、血中酸素などを測定。
次いでドクターが食物負荷試験の流れを説明し、負荷する食物と負荷量の確認。

ユメの場合は全卵入りかぼちゃケーキ1つ(卵1/16)を食べて
30分後症状がない場合には、2回目(卵1/16)、
30分後症状がない場合には、3回目(卵1/8)の負荷を行います。
全部食べると全卵1/4食べた計算になります。

フクちゃんの場合は柔らかく煮たうどんを1本食べて
30分後症状がない場合には、2回目(1本)、
30分後症状がない場合には、3回目(4本)
全部食べるとうどん6本食べた計算になります。

10:20に1回目の負荷を行いました。

食べた直後から「喉が痛い」と訴えるユメ。
うれしそうだった表情はみるみる曇っていきスプーンを持つ手がほとんど進みません。
やっと食べきったけれど「気持ち悪い」とけだるそう。
ゆで卵のときとおんなじだ。。
見た目には症状が出ていないので先生も首をひねっていたけれど
ユメがそれ以上食べたくないと言うので負荷試験はそこで中止。
11:20頃から咳とくしゃみが出始め、アレジオンを服用。
お昼に出た除去食は少しだけ食べて、横になっていました。
13:00過ぎに気持ち悪いのが治ったと回復。咳とくしゃみも止まりました。

「つらかった~~」とユメ。
前の晩に「卵が食べられたらケーキも食べられる?」と夢のように話していたのに
辛い思いをさせてわたしも悲しくなったよ。
まだまだ遠いかなぁ・・・・↓↓

一方フクちゃんは
1回目、2回目、3回目と順調に食べ進めて一応ドクターからOKサインをいただきました。
3回目の頃には眠いやら退屈やらでグズり泣き。
若干まぶたが腫れぼったかったのは泣いたからか小麦の影響か。
ドクターに言うとドクターも「あれ?」と思ったらしいが重視されず。
一眠りして、昼食もペロリと平らげ元気元気。

14:40頃退院。

その後フクちゃんは自宅でうどん、パン、外出先で六穀がゆを試してもセーフ。
小麦、ダイジョウブか?
嬉しいんだけどあっけなくて信じられない。
ユメが5年かかって食べられるようになったものをフクちゃんは1年で。。
なんだか複雑だなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

admin

| アレルギー検査・病院 | コメント(8) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。