スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
admin

| スポンサー広告 | |

2009.04.13

先日病院で負荷試験をしました。
ユメは昨年夏以来の卵(昨年夏の記事はこちら)を、どうせだからフクちゃんもいっしょにって
フクちゃんは小麦をそれぞれ負荷しました。

それまでは負荷する食べ物を持参して外来で行っていたのですが
それじゃ落ち着かないだろうし環境の整ったところでリラックスしてしたほうがいい
という主治医の意向で日帰り入院して負荷してきました。
食物も栄養士さんが計算して作ってくれました。

午前9時に受付、病棟に案内され、体重や血圧、血中酸素などを測定。
次いでドクターが食物負荷試験の流れを説明し、負荷する食物と負荷量の確認。

ユメの場合は全卵入りかぼちゃケーキ1つ(卵1/16)を食べて
30分後症状がない場合には、2回目(卵1/16)、
30分後症状がない場合には、3回目(卵1/8)の負荷を行います。
全部食べると全卵1/4食べた計算になります。

フクちゃんの場合は柔らかく煮たうどんを1本食べて
30分後症状がない場合には、2回目(1本)、
30分後症状がない場合には、3回目(4本)
全部食べるとうどん6本食べた計算になります。

10:20に1回目の負荷を行いました。

食べた直後から「喉が痛い」と訴えるユメ。
うれしそうだった表情はみるみる曇っていきスプーンを持つ手がほとんど進みません。
やっと食べきったけれど「気持ち悪い」とけだるそう。
ゆで卵のときとおんなじだ。。
見た目には症状が出ていないので先生も首をひねっていたけれど
ユメがそれ以上食べたくないと言うので負荷試験はそこで中止。
11:20頃から咳とくしゃみが出始め、アレジオンを服用。
お昼に出た除去食は少しだけ食べて、横になっていました。
13:00過ぎに気持ち悪いのが治ったと回復。咳とくしゃみも止まりました。

「つらかった~~」とユメ。
前の晩に「卵が食べられたらケーキも食べられる?」と夢のように話していたのに
辛い思いをさせてわたしも悲しくなったよ。
まだまだ遠いかなぁ・・・・↓↓

一方フクちゃんは
1回目、2回目、3回目と順調に食べ進めて一応ドクターからOKサインをいただきました。
3回目の頃には眠いやら退屈やらでグズり泣き。
若干まぶたが腫れぼったかったのは泣いたからか小麦の影響か。
ドクターに言うとドクターも「あれ?」と思ったらしいが重視されず。
一眠りして、昼食もペロリと平らげ元気元気。

14:40頃退院。

その後フクちゃんは自宅でうどん、パン、外出先で六穀がゆを試してもセーフ。
小麦、ダイジョウブか?
嬉しいんだけどあっけなくて信じられない。
ユメが5年かかって食べられるようになったものをフクちゃんは1年で。。
なんだか複雑だなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

admin

| アレルギー検査・病院 | コメント(8) | |

ゆで卵の負荷試験

2008.08.12

先週実家から戻ってきました。
帰る日(月曜日)の夕方にわたしが突如発熱。
39度超の熱が出る中、保冷剤を首に巻きつけ強行で帰ってきました。
熱以外の咳や鼻水の症状はなくちょっと前から左胸が痛かったので
乳腺炎だったかと思われます。
火曜の夜には熱が下がり胸の痛みも消えました。
イエイ(・∀・)V

39度の熱があっても帰ってきたのには理由があります。


それは水曜日にユメの卵の負荷試験を控えていたからです。

以前から就学に向け、夏休みに負荷試験をしましょうという話はしていました。
7月中旬頃にドクターに電話。
わたしの中ではバターやヨーグルトが食べられたほうが
給食で食べられるものが増えるかなという思いがあったけれど
○スコアが卵のほうが低い(オボムコイド2、卵白3、牛乳3)
○今まで卵を食べたことによる反応が出ていない

などから卵に挑戦することに。
さらに加熱卵黄がセオリーのところ、ゆで卵、すなわち卵白も
同時に試すこととなりました。


水曜日、ゆでたまご1つを持参して病院へ。
診察室に入り、聴診器を当て異常ないことを確認していざ試験。

▼ドクターがゆで卵を半分にカット、半分、半分を繰り返し1/32を食べる。
 →ユメが「喉が痛い、気持ち悪い」と気怠そうにしなだれかかってくる
   「もう食べたくない」
   
目に見える症状はなし
ユメ「気持ち悪いのが治った」
  
↓30分後

▼1/16を拒絶し、1/32を食べる
 →ユメ「さっきと変わらない」

以上、負荷試験終了です。
1時間ほど院内で待機して帰宅しました。

卵1個がMサイズでだいたい64gだそうで、
1/32が2口=1/16が食べられたということは4g食べられた計算になります。
目に見える症状が出なかったので週2回程度少量ずつ自宅で負荷していくように、
摂取前後で症状が出たかわかるように日頃からスキンケアに気をつけるように言われました。

ユメが気持ち悪いと訴えたのは、のどごしが悪かったから?
初めて食べたので気持ちの問題で他のものと混ぜたり本人が卵だと知らなければ違う?

と思いましたが、

帰宅後(卵を一口食べてから約2時間後)
腹痛&下痢
その後またしばらくしてお腹に赤い発疹、
15分程寝て、起きたときには顔が少し腫れていました。

あぁぁ、、やっぱり卵アレルギーだったんだ・・・。
ショック症状が出ないとわかったのはよかったけれど、残念・・・。
本人は「治った!」と言っていましたが腫れた顔が痛々しいよ。。

これくらい反応が出ても自宅で負荷したほうがいいのだろうか。
お盆明けたらドクターにきいてみよう。

しかしこうなると秋頃に“乳”の負荷試験を、、、と言われても
接触試験で反応の出たユメ、口にするのは恐怖だなぁ~~。

8.22追記
負荷試験日帰宅後の様子を伝えたところ、
微量でも反応が出たので卵の自宅負荷は中止しましょう、と。
微量だったかは私としては?にしても家に卵を持ち込むことへの不安や
わたしが授乳中の身なので卵を入れて作っても食べられないなど
解除を進めていくには万全な気持ちではなかったので
これでよかったかなと少しホッとしているところもあります。
乳の負荷試験も卵で過敏になっているのが落ち着いた頃にということに。。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

admin

| アレルギー検査・病院 | コメント(5) | |

牛乳の接触テスト

2008.02.07

月曜日に病院で牛乳の接触テストをしてきました。

ユメの幼稚園では年中までは給食当番が給食室に給食を取りにいって担任の先生がお皿によそってひとりひとりの席に配るのですが、年長さんになると園児がお皿によそったり席まで運んだりするようになります。
その準備期間として今週の月曜日から実際に園児がよそったり配ったりする練習が始まりました。
子どもがよそうのでお皿からはみ出して手につくかもしれない、運んでいる途中に万が一かかってしまうかもしれない。
担任から「ユメちゃんもやっても大丈夫ですか?」と聞かれ病院の先生に相談して、接触に耐えられるかのテストを病院で行うことに。

結果から言うと、牛乳を腕に塗布後しばらくして発疹が出てしまいました。

テスト内容、経過を記録しておきます。

牛乳は直前に院内の自販機でパック牛乳を購入。
15:20 右腕の内側と唇に牛乳数滴を塗る
15:30 腕に小さな発疹を確認。少し痒がる
      唇は変化なし
15:35 発疹が一部つながって蚊に刺されたような大きな発疹に
      唇にも4つほどボコボコできる(唇は痒くない)
15:45 それ以上は広がらず発疹がひいてくる
16:00 唇の発疹は消滅

開始から1時間ほど病院内で待機し、特に変わりなかったのでその後帰宅。      
腕の発疹は夜まで跡が残っていましたが16時の時点で膨らみはおさまっていました。

そして肝心の給食当番ですが、
呼吸器系に出ていないので付着した場合すぐに洗い流す、口をゆすぐなど対応すれば可能と許可をいただきました。

どの程度の反応でどこまでさせるかというのは結局のところ本人の気持ちや親の考え、幼稚園や学校がどこまで気をつけて対応してくれるかに拠るので、この症状ならOK、NGとは一概には言えないんですよね。

ユメに気持ちを聞くと「(皆と同じように)やりたい」と言い
わたしもできる限り同じようにさせてやりたいと思っています。

もし誤ってかかってしまったらすぐに先生に言って洗い流すように言い聞かせ、担任にその旨お願いしました。
担任の先生も病院の先生も、まずユメの気持ちを第一に考えてくださっているのを感じて本当に有難いです。

それにしても付着くらいなら大丈夫なんじゃないか・・・なんて軽く期待をしていたのですがあえなく撃沈
医師は乳の経口負荷も考えているようですが、まだまだ先だわ~~~
ですがこれまで皆と机を並べて給食を食べていたユメ、接触の危険はあったのに試したことがなかったので病院でテストしてみてよかったです。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

admin

| アレルギー検査・病院 | コメント(7) | |

今季初・・・

2007.09.03

金曜日に喘息の発作が出ました。

いつもと変わらない様子で元気に登園したユメ。
午後3時頃にお迎えに行くと担任の先生が
午後から咳が出はじめて結構している、目の周りも赤いのですが食べ物が原因でしょうか?と。
昼食は給食プラス持参の代替でこれまでと違わない、咳の様子から喘息かも?

その日は同じクラスのお友達と遊ぶ約束をしていて、前日遊びたがったのを親の都合で金曜にしたので遊べないと言ってもきかないだろうな・・・
本人が「大丈夫」と言うので、まだ出はじめだし大丈夫かな?とわたしも甘く考えお友達と遊ばせることに。
けれど内心は、喘息だとしたら様子を見ていても悪くなることはあっても良くなることはないだろうと思い、ユメだけお友達と一緒に先に行かせて、わたしは家に戻り保険証と診察券を持って病院に行く準備をして出かけました。

わたしがお友達の家に着いたときには咳は激しくなって深刻さを増していました。
「○時になったら病院に行こう」とわたしが言うと素直に「うん」と頷くユメ。
素直に病院に行くことは滅多にないので相当しんどかったんだと思います。
アレルギーを診てもらっている病院に電話し状況を説明すると(時間外だと思うのですが)「受け入れます」とのこと。
すぐさま病院に向かい、待っていてくださった主治医に診察していただきました。
熱もない、風邪っぽくもない、心音がゼーゼーしているということで軽い喘息発作と診断。
吸入し、まだゼーゼーが聴こえるけれど落ち着いたので吸入器を借りて吸入薬2種と飲み薬3種を処方してもらい帰宅。

目の周りの赤みに主治医も驚いていたけれど(一般的には発作のときでも赤くならないのかな・・・)夜には赤みも取れて夜中もぐっすり眠り、幸い咳もまったくと言っていいほど出ずに落ち着いています。

ただ去年の秋に初めて喘息の発作を起こし、主治医からは1,2度出たくらいでは喘息とは断定できないと言われていました。
以降時々軽い発作が出て今回季節の変わり目に、しかもこんなに早い時期から出てしまい確定かな。。と正直少しショックです。

出はじめならすぐには酷くならないだろうと甘くみた自分を反省。
2学期がはじまって間もなく生活リズムが戻っていなくて抵抗力が弱っていたのもあるかもしれないけれど、秋本番がこわい

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

admin

| アレルギー検査・病院 | コメント(10) | |

経口負荷試験

2007.06.27

火曜日に病院で小麦パンの負荷試験をしてきました。

負荷試験をすることが決まって、小麦がどれくらいいけるのかはっきりわからないのにいきなりパンにいって本当に大丈夫なの?
もし食べられたらうれしいという期待の反面、正直不安のほうが大きかったです。
けれど先生の「食べてみないとわからない」のも一理ある。
どれくらい食べられるのか少量でも反応が出るのか未知だけど、仮に反応が出ても頑張るのはユメであってわたしは見守ることしかできない。
なるようにしかならない、運を天にまかせるという気持ちで臨みました。

6枚切食パン1枚を16つに切って持参しました。
お昼ごはん代わりに食べましょうということで
11時半過ぎに病院に着き、まもなく負荷開始。

負荷開始  食パン1/16を食べる
15分経過 1/16食べる
15分経過 1/16食べる 
       →咳が出はじめる
様子を観察、咳以外の症状はなく咳もおさまってきたので
15分経過 1/16食べる
60分間病院内で待機して帰宅

家に帰ってから普段しないお昼寝をする。
2時間半後目覚めて腕と膝の裏を痒がり赤い→アレジオン服用
痒みが落ち着く。

ひとまずセーフ。
遅延型でお腹にくることの多いユメ、心配なのは翌日も。
で、昨日一日様子を見ていましたがいつもと変わりありませんでした。

負荷中の咳はアレルギー症状なのかちょっと気になるところですが、結果食パン1/4も食べてこれくらいで済んだなら予想を上回る好結果といえるでしょう。
自宅で少しずつ負荷を進めることになりました。
小麦パンなんてまだまだ先だと思っていたのに夢のようです。
     
とはいえ、油断せずゆっくりと慎重に負荷を進めていきたいと思います。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

admin

| アレルギー検査・病院 | コメント(22) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。